GoogleChromeとは?|特徴と基本的な使い方

GoogleChromeっていうブラウザが気になってるんだよね。

特徴や使い方を教えて欲しいな。

GoogleChromeの特徴

GoogleChromeの大きな特徴は以下の通りです。

  • 動作が軽くて早い
  • 拡張性が高い
  • 複数端末で同期ができる

動作が軽くて早い

GoogleGoogleは描画の早さに定評のあるプログラム(Webkitというレンダリングエンジン)を利用して開発されています。そのため、ブラウザの起動時間やページの表示速度が高速でストレスフリーなブラウザです。

拡張性が高い

GoogleChromeには「Chrome拡張機能」という、様々な便利機能を追加することができます。Chrome拡張機能とは、インストールすることでブラウザに新しい機能を追加することができる機能のことです。

Googleのサービスを利用できるものや、Evernoteなどの有名なアプリケーションと連動するための拡張機能、他にも画面キャプチャやブックマークを管理するための拡張機能など、様々なものがあります。

拡張機能は無料で追加できるので、簡単に自分好みにカスタマイズすることができます。

複数端末で同期ができる

GoogleChromeはスマホ・タブレット・パソコンそれぞれのGoogleChromeと同期する(同じ状態にする)ことができます。方法はGoogleChromeをインストールして、Googleアカウントでログインするだけです。これで、閲覧サイトの連動・ブックマークの共有をすることができます。

GoogleChromeの基本的な使い方

ここからはGoogleChromeの基本動作についてご紹介します。これら基本動作をまず覚えておくと良いでしょう。また、ショートカットキーも合わせてご紹介しています。

アドレスバーで検索する

上部にあるアドレスバーに検索キーワードを入力することで、Googleで検索することができます。URLを入力すると、そのアドレスのページに移動することもできます。

// Mac
command + L

// Windows
ctrl + L

前のページに戻る

左上にある[←]マークをクリックすると、ひとつ前に見たページに戻ることができます。

// Mac
command + ←

// Windows
backspace

次のページに進む

左上にある[←]マークの右隣にある[→]をクリックすると、次のページに進むことができます。ページを戻りすぎた時に便利です。

// Mac
command + →

// Windows
shift + backspace

ページを更新する

左上にある[ ]マークをクリックすると、今見ているページを更新(再読み込み)してくれます。更新することでページの内容を最新の状態にすることができます。

// Mac
command + R

// Windows
ctrl + R
F5

新しいタブを開く

タブの右端にある[+]マークをクリックすると、新規タブを開くことができます。

// Mac
command + T

// Windows
ctrl + T

新しいウィンドウを開く

新規ウィンドウを開きたいときは以下のショートカットキーを使います。

// Mac
command + N

// Windows
ctrl + N

お気に入りに登録する

アドレスバーの右側にある[☆]マークをクリックすると、今見ているページをお気に入りに登録することができます。あとで同じページを見たい時に便利です。

// Mac
command + D

// Windows
ctrl + D

設定画面を開く

右端にある[ ]マークをクリックすると、設定画面を開くことができます。

まとめ

最後にここまでの内容をまとめておきます。

GoogleChromeの基本的な使い方は以下の通りです。

操作 Mac Windows
検索する command + L ctrl + L
戻る command + ← backspace
進む command + → shift + backspace
更新 command + R ctrl + R or F5
新規タブ command + T ctrl + T
新規ウィンドウ command + N ctrl + N
お気に入り command + D ctrl + D